財団概要

国際科学技術財団は、人類の平和と繁栄が世界中の人々にとって共通の願望であることに鑑み、これに貢献する科学技術の進歩のための研究開発活動を奨励すると共に、科学技術に関する知識及び思想の総合的な普及啓発を図ることを目的としています。

歴史

Konosuke Matsushita
初代会長 松下幸之助

国際科学技術財団は、科学技術の分野における権威ある国際的な賞として「Japan Prize」を創設するために、1982年11月1日に内閣総理大臣の許可を得て発足しました。 Japan Prizeの創設は、1981年、当時の鈴木内閣の中山太郎総理府総務長官が「国際社会への恩返しの意味で、日本にノーベル賞並みの世界的な賞を作っては」という構想をたてられ、これに松下幸之助氏が"畢生(ひっせい)の志"のもとに寄付をもって応え、実現したものです。

(※松下幸之助ついてはこちら)

活動内容

国際科学技術財団は、上記の目的を達成するために次の事業を行います。
⑴ 科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、その進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献する業績を成したと認められる人をJapan Prize(日本国際賞)をもって顕彰する事業
⑵ 科学技術に関する研究に対する助成及び奨励事業
⑶ 広報刊行物、研究論文集等の刊行物やセミナー開催などを通じての科学技術に関する知識及び思想の総合的な普及啓発活動
⑷ その他この法人の目的を達成するために必要な事業

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

財団概要

Japan Prize 30年の歩み

page top