プレスルーム

2014年 日本国際賞 (第30回) プレスキット

プレスリリース

2014年(第30回)日本国際賞受賞者決まる
今日の情報化社会を支える光ファイバー網の基盤技術確立に貢献した末松安晴博士と
遺伝子の後天的変化の謎を解き明かしたデビッド・アリス博士に

 

2014年 日本国際賞 (第30回) 受賞者決定

今日の情報化社会を支える光ファイバー網の基盤技術確立に貢献した末松安晴博士と
遺伝子の後天的変化の謎を解き明かしたデビッド・アリス博士に

「エレクトロニクス、情報、通信」分野

授賞業績
大容量長距離光ファイバー通信用半導体レーザーの先導的研究

Photo末松安晴博士(日本)
東京工業大学栄誉教授
高解像度写真
略歴 授賞業績

 

「生命科学」分野

授賞業績
遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾の発見

Photo

デビッド・アリス博士(米国)
ロックフェラー大学 ジョイ・アンド・ジャック・フィッシュマン記念教授
高解像度写真
略歴 授賞業績

 

page top