歴代受賞者

1988年(第4回)日本国際賞受賞者

予防医学分野
天然痘の根絶

写真

ドナルド・A・ヘンダーソン博士
(米国)

写真

蟻田功博士
(日本)

写真

フランク・フェナー博士
(オーストラリア)

ジョンズ・ホプキンス大学
公衆衛生学部部長
1928年生まれ
国立熊本病院院長
1926年生まれ
オーストラリア国立大学名誉教授
1914年生まれ
授賞理由

 今回の贈賞の対象となった研究テーマは、天然痘の根絶である。

 天然痘の歴史は大変長いものがあって、例えばカイロ博物館に保存されているエジプト王朝ラムズス五世(紀元前1157年死亡)のミイラには天然痘の特徴がある膿疱のあとが残っており、同じ時代の他のミイラにも同様の瘢痕のあることから、今から約3千年前に天然痘の流行がすでにあったと推測されている。

 18世紀のはじめ、エドワード・ジェンナーによる種痘法の発見は、天然痘の予防にあたっての正に画期的な発見であった。しかし種痘法によってもその世界的な流行を容易におさえることはできなかったのである。

 このように、確認されている限りでも少なくとも3千年以上にわたって人類を苦しめ、そして最近まで、例えば約20年前においてすら世界の31カ国、12億の人々の間に流行し、年間1,500万ないし2,000万人の患者、そして200万人の死亡者を出していた天然痘(痘そう)も、1977年10月にソマリアに発生した患者を最後として、その流行が完全に途絶えた。これは人類の歴史に残る快挙であって、それを成し遂げられたのがヘンダーソン、蟻田、フェナーの3氏である。

 1957年のWHO総会で天然痘の根絶計画が提案され、総会はこれを可決した。しかし、その後実際には、その計画の進展ははかばかしくなかったのが実情である。

 1966年、再び天然痘根絶強化対策が打ち出され、そして、広く種痘を普及することを目標としたが、その実行は決して再び容易ではなかった。その理由にはいくつかあるときいているが、例えば、種痘の普及のためには、力価の高いワクチンが必要である上に、常在流行地が主として熱帯地方であることから、耐熱性であることを条件とした。しかし、根絶計画開始時の1967年には、力価と耐熱性に関して、ともに合格するほどのワクチンはほぼ30%程度であったと言われている。

 また、根絶計画を達成するためには、疾病サーベイランス、すなわち天然痘についてその発生状況を地域的、時間的に正確に把握し、その情報を対策従事者に的確に伝達することが必要である。しかしこれも実際にはなかなか容易なことではなかった。

 このような背景の下にあって、蟻田博士は天然痘根絶対策を強力に、かつ徹底的に実施する上で必要不可欠な基礎知識の確立を目指し、この疾病伝播の疫学分析、自然宿主動物の調査等の学術的研究を行い、かつワクチンの品質向上、管理に関する研究、技術上の完成を遂行した。一方ヘンダーソン博士は予防医学の実際面において必要不可欠とされる、常在流行国のプログラム開発及び従事者の教育訓練に力を注いだ。1970年以降、両氏は分担して南アメリカ、アジア、アフリカの国々を頻繁に訪問し、天然痘根絶対策に従事する人々を指導するとともに、対策の実行にあたってそれぞれの国に絶え間なく起る技術的・社会的あるいは政治的といった諸問題の解決にあたられたのである。

 フェナー博士は元来ウイルス学者であり、その研究業績は発表論文、著書等により広く国際的にも知られているが、今回の天然痘根絶計画にあたっては常にその評価を研究の一環として行い、計画そのものの徹底を導いたのである。

 かくして天然痘の根絶対策は急速に進展して、ヘンダーソン博士の当初の目的が実って1975年にはアジアでの最後の患者を記録した。さらに蟻田博士はアフリカの東北域で世界最後の根絶計画を指揮、監督した。この間、従来の全住民一斉の集団種痘方式には効果なく、むしろごく限定された発生地域に集中して種痘を行う方式を考案、これによって流行のいわゆる「封じ込め」に成功されたわけである。その結果1977年10月26日に、ソマリアで発生した患者を最後に天然痘自然伝播の歴史に終止符が打たれたわけである。蟻田博士はその後もなお、地球規模の天然痘サーベイランスの指揮にあたり、危険地域79か国の根絶確認作業の陣頭に立った。このサーベイランス並びに根絶後看視計画におけるフェナー博士の貢献は大きいものがある。そして、このような予防医学上の業績は社会的にも大きな影響を与えるために、慎重に、さらに、その後10年間の観察期間をおき1987年に至って、天然痘の根絶が真に確認されたのである。

 すなわち、この業績は、人類に寄生することによって存在し続けたウイルスを、この地上から消滅させることができるということを初めて証明した壮大な地球規模の実験である。ウイルス学における大きな仕事と言えると考えている。またこの成果は、天然痘というひとつの伝染病の撲滅に終わったのでなく、他のさまざまなウイルス性疾患や新たな伝染病に対して、地球規模での対策を立てる新しい方法論を与えた。また、ここで用いられたワクシニアウイルスに、他の病原微生物の防御抗原の遺伝子を組み込み、従来対処できなかった伝染病を防御するという未来の予防医学への入り口を開いたものである。

 以上簡単にご説明申し上げたが、このような次第が贈賞の理由である。

予防医学分野
エイズ原因ウイルスの発見と診断法の開発

写真

リュック・モンタニエ博士(フランス)

写真

ロバート・C・ギャロ博士(米国)

パスツール研究所、ウイルス腫瘍学部部長
1932年生まれ
アメリカ国立がん研究所、腫瘍細胞生物学部部長
1937年生まれ
授賞理由

 この度贈賞の対象となった研究テーマは、エイズ原因ウイルス(HIV)の発見と診断法の開発である。

 今日、20世紀のペストとまで言われて恐れられている感染症、エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)は、1981年から1982年にかけて米国において独立の疾患として確認された病気である。免疫力の極度の低下をきたすことによって、常在菌あるいは病原性の弱い微生物の感染によっても重い症状を呈し、結果として、死亡率が極めて高い病気である。

 モンタニエ、ギャロ両博士は、その病原体であるヒト免疫不全症ウイルス(HIV)を発見するとともに、それぞれにウイルス学的性質や感染経路などを明らかにした。さらに実用的な血清診断手法を開発し、健康感染者や感染血液の認定を容易にして予防対策の基本を確立したのである。

 モンタニエ博士は、この研究以前にも、主として、ウイルスとがんの領域で、いくつかの独創性の高い研究をしている。中でも特筆すべきものは、1964年マックファーソン博士との共同研究によってなされた発見であって、これは、現在も培養細胞のがん化検定のために最も重要な指標として用いられている軟寒天コロニー法の原典である。

 今回授賞の対象とされた研究では、パスツール研究所の共同研究者を率い、1983年、世界に先駆けてHIV-1を分離したことである。すなわち、エイズウイルス、ヒト免疫不全症ウイルスである。このウイルスは当初、いわゆるLymphoadenopathy患者から分離されたために、LAV(Lymphoadenopathy Associated Virus)と名付けられていたが、現在ではHIV-1のプロトタイプとされている。その後、ヘルパーT細胞が標的になっていることを示し、また、アフリカのエイズ研究を進めるとともに、HIVの母児感染あるいは、抗体測定用のELISA法の開発、T4抗原がHIVのレセプターであることの発見、さらには抗原型の異なった関連ウイルスHIV-2の発見や遺伝子クローニングなど、次々と重要な研究を行ない、知見を重ねて来きた。

 一方、ギャロ博士は、この研究以前に、すでにこの研究にも関連した2つの大きな研究成果を挙げている。その1つは、TCGF(現在のIL-2)の発見であって、このファクターを加えることにより、Tリンパ球の培養が非常に促進され、その後のヒトT細胞系の研究の発展を促したものである。第2の大きな研究成果は、ご自身で樹立されたTリンパ細胞腫からヒトリンパ腫症ウイルス(HILV-1)を分離したことであって、これはヒトからの初めてのレトロウイルス分離と位置付けられ、その後の、ヒトレトロウイルス研究に大きな影響を及ぼしたものである。

 今回贈賞の対象となった研究結果の第1は、HIVのAIDSとの関係を解析したことであって、その功績は高く評価されている。いたって有用な多くのT細胞株を提供し、また、唾液や精液中のウイルスの検出をはじめ、感染経路の解明、HIVウイルス学的性質の解析、プロウイルスDNAのクローニングや解析を行ったことなど、その貢献度は非常に高いものがある。さらに、HIVに対する単クローン後退の作製と供給、また、現在では最も有効な治療薬と考えられているアジドチミジン(AZT)の開発研究なども、ギャロ博士のグループによってなされている。

 このようにして、モンタニエ博士とギャロ博士は、それぞれの研究グループを率いて、エイズの病原体であるヒト免疫不全症ウイルス(HIV:Human Immunodeficiency Virus)を発見するとともに、その性質や感染経路などを明らかにした。さらに実用的な血清診断手法を開発し、健康感染者や感染血液の同定を容易にして、予防対策の基本を確立したものである。さらに、プロウイルスDNAの遺伝子クローニング等を通じて、ワクチン開発への道も拓かれた。他方では、抗ウイルス剤の開発にも力を入れ、大きな成果を挙げつつある。

 以上述べましたように、これら2人のグループの研究を中心として、エイズの原因ウイルスであるHIVの蔓延予防対策は、現在理論的にはほぼ完全に樹てうるようになった。すなわち、輸血や血液製剤による感染は、供血者あるいは、血液材料を予め検査することによってほぼ完全に防げるようになった。しかし、残る問題は、社会全体における実際の伝播防止対策の確立と、ワクチンの開発であろうと思われる。しかし、この後者については、両博士のグループによる遺伝子クローニングと発現実験の成功、中和反応の証明などにより、基本的にはワクチン開発可能と考えられ、後は開発の努力が必要と思われる状況にまで到達している。

 以上が簡単なご説明であるが、両博士に対する贈賞理由並びに贈賞の対象となった研究テーマについてのご報告である。

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top