歴代受賞者略歴

photo

藤嶋 昭 博士

2004年(第20回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
環境改善に貢献する化学技術分野
授賞業績
水の光分解触媒の発見と環境触媒への展開
記念講演
環境改善に寄与する光触媒
国籍: 日本
生年月日: 1942年8月3日
学歴:
1966年 横浜国立大学 B.A. (学士) 〈工学〉
1971年 東京大学 Ph.D. (博士) 〈工学〉
職歴:
1971年神奈川大学工学部応用化学科 専任講師
1973年同 助教授
1975年東京大学工学部講師
1976-77年テキサス大学オースチン校 博士研究員
1978年東京大学工学部助教授
1986年同 教授
1994-2003年東京大学大学院教授
2003年東京大学名誉教授
2003年-現在財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長
現職: 財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長
主要著書及び研究論文等
  1. A. Fujishima and K. Honda, Electrochemical Evidence for the Mechanism of the Primary Stage of Photosynthesis Bull. Chem. Soc. Japan, 44(4), 1148. (1971)
  2. A. Fujishima and K. Honda, Electrochemical Photolysis of Water at a Semiconductor Electrode Nature, 238(5358), 37. (1972)
  3. A. Fujishima, K. Kohayakawa and K. Honda, Hydrogen Production under Sunlight with Electrochemical Photo-Cell J. Electrochem. Soc., 122, 1487 (1975)
  4. A. Fujishima and S. Nakabayashi, Kinetic Electronic Transfer at Semiconductor- Electrolyte Interface, J. Photochem., 25, 151 (1985)
  5. R. Cai, Y. Kubota, T. Shuin, H. Sakai, K. Hashimoto and A. Fujishima, Induction of Cytotoxicity by Photoexcited TiO2 Particles, Cancer Research, 52, 2346 (1992)
  6. N.Negishi, T. Iyoda, K. Hashimoto and A. Fujishima, Preparation of Transparent TiO2 Thin Film Photocatalyst and Its Photocatalytic Activity Chem. lett., 841. (1995)
  7. Y. Ohko, K. Hashimoto and A. Fujishima, Kinetics of Photocatalytic Reactions undar Extremely Low-Intensity UV Illumination on Titanium Dioxide Thin Films J. Phys. Chem. A, 101(43), 8057. (1997)
  8. A. Fujishima and T. N. Rao, Interfacial Photochemistry: Fundamentals and Applications, Pure & Appl. Chem., 70 (11), 2177 (1988)
  9. A. Fujishima, K. Hashimoto, T. Watanabe, TiO2 Photocatalysis: Fundamentals and Applications, BKC, Inc., Tokyo (1999)
  10. A. Fujishima, T.N. Rao and D.A. Tryk, Titanium Dixide Photocatalysis, J. Photochem. Photobiol. C: Photochem. Reviews, 1, 1 (2000)
主要受賞歴:
  • 朝日賞 (1983)
  • 井上春成賞 (1998)
  • 日本化学会賞 (2000)
所属機関、学会等:
  • 日本化学会 会員
  • 電気化学会 会長
  • 光化学協会 顧問

( 受賞当時 )

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top