歴代受賞者略歴

photo

佐川 眞人博士

2012年(第28回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
環境、エネルギー、社会基盤
授賞業績
世界最高性 能Nd-Fe-B系永久磁石の 開発と省エネルギーへの貢献
記念講演
世界最強「ネオジム磁石」はこうして生まれた
国籍: 日本
生年月日 1943年8月3日
学歴:
1966年 神戸大学工学部卒業
職歴:
1972年 富士通株式会社入社
1982年 同社退職
住友特殊金属株式会社(現日立金属株式会社)入社
1988年 同社退職
1988年 インターメタリックス株式会社設立 
同社代表取締役社長(現在に至る)
現職: インターメタリックス株式会社 代表取締役社長
主要研究論文
  1. M. Sagawa, S. Fujimura, N. Togawa, H. Yamamoto and Y. Matsuura, "New Material for Permanent Magnets on a Base of Nd and Fe", J.Appl.Phys.55, pp.2083-2087, 1984.
  2. M. Sagawa, S. Fujimura, H. Yamamoto and Y. Matsuura and K. Hiraga, "Permanent Magnet Materials Based on the Rare-Earth-Iron-Boron Tetragonal Compounds", IEEE Trans.Magn.MAG-20, pp.1584-1589, 1984.
  3. M. Sagawa, S. Hirosawa, Y. Otani, H. Miyajima and S. Chikazumi, "Temperature Dependence of the Coercivity of Sintered R17Fe83-xBx Magnets(R=Pr, Nd)", J. Magn. Magn. Mat.70, pp.316-318, 1987.
  4. M. Sagawa, S. Hirosawa, K. Tokuhara, H. Yamamoto and S. Fujimura, "Dependence of Coercivity on the Anisotropy Field in the Nd-Fe-B type Sintered Magnets", J. Appl. Phys.61, pp.3559-3561, 1987.
  5. M. Sagawa, P. Tenaud, F. Vial and K. Hiraga, "High Coercivity Nd-Fe-B Sintered Magnet Containing Vanadium with New Microstructure", IEEE Trans. Magn. 26, pp.1957-1959, 1990.
主な受賞等:
  • 大阪科学賞 (1984)
  • 科学技術長官賞 (1985)
  • 米国物理学会 International Prize for New Materials (1986)
  • 朝日賞 (1990)
  • 日本応用磁気学会 学会賞 (1991)
  • 大河内記念賞 (1993)
  • Acta Metallurgica J. Herbert Holloman Award (1998)
  • 本多記念賞 (2003)
  • 加藤記念賞 (2006)

( 受賞当時 )

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top