歴代受賞者略歴

photo

デビッド・アリス 博士

2014年(第30回)日本国際賞受賞者

授賞対象分野
生命科学
授賞業績
遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾の発見
記念講演
Beyond the double helix: varying the terrain of epigenetic landscapes in development & disease
国籍: 米国
生年月日 1951年3月22日
学歴:
1973年 シンシナティ大学 生物学 学士
1975年 インディアナ大学 生物学 修士
1978年 インディアナ大学 生物学 博士
職歴:
1978年 インディアナ大学 生物学 博士研究員
1978-1981年 ロチェスター大学 博士研究員
1981-1990年 ベイラー医科大学 生化学・細胞生物学科 助教授、准教授、教授
1990-1995年 シラキュース大学生物学科 教授
1995-1998年 ロチェスター大学 マリー・アンド・ジョセフ・ウィルソン記念生物学教授及び腫瘍学教授
1998-2003年 バージニア大学医療システム ハリー・F・バードJr. 記念生化学・分子発生学教授、微生物学教授及び細胞内信号伝達センターメンバー
2003年 ロックフェラー大学ジョイ・アンド・ジャック・フィッシュマン記念教授クロマチン生物学・エピジェネティクス研究室長
主要研究論文
  1. Brownell, J.E., and Allis, C.D. Tetrahymena histone acetyltransferase A: a homolog to yeast Gcn5p linking histone acetylation to gene activation. Cell 84, 843-851, doi:S0092-8674(00)81063-6 [pii] (1996).
  2. Sassone-Corsi, P., Mizzen, C.M., Cheung, P., Crosio, C., Monaco, M., Jacquot, S., Hanauer, A., and Allis, C.D. Requirement of Rsk-2 for epidermal growth factor- activated phosphorylation of histone H3. Science 285, 886-891, doi:7736 [pii] (1999).
  3. Strahl, B. D. and Allis, C. D. The language of covalent histone modifications. Nature 403, 41-45, doi:10.1038/47412 (2000).
  4. Jenuwein, T. and Allis, C.D. Translating the histone code. Science 293, 1074-1080 (2001).
  5. Wysocka, J., Swigut, T., Xiao, H., Landry, J., Kauer, M., Tackett, A., Chait, B., Brivanlou, A.H., Wu, C. and Allis, C.D. A PHD finger in the largest subunit of NURF couples histone H3 K4 trimethylation with chromatin remodeling. Nature 442, 86-90, PMID: 16728978 (2006).
  6. Wang, G.G., Song, J., Wang, Z., Dormann, H., Casadio, F., Li, H., Patel, D. and Allis, C.D. Haematopietic malignancies initiated by dysregulation of an H3K4me3-engaging PHD finger. Nature 459, 847-851, PMID: 19430464 (2009).
  7. Goldberg A.D., Banaszynski L.A., Noh K.M., Lewis P.W., Elsässer S.J., Stadler S., Dewell S., Law M., Guo X., Li X., Wen D., Chapgier A., DeKelver, R.C., Miller J.C., Lee Y.L., Boydston E.A., Holmes M.C., Gregory P.D., Greally J.M., Rafii S., Yang C., Scambler P.J., Garrick D., Gibbons R.J., Higgs D.R., Cristea I.M., Urnov F.D., Zheng D., Allis C.D. Distinct factors control histone variant H3.3 localization at specific genomic regions. Cell 140, 678-691, PMID: 20211137 (2010).
  8. Lewis, P.W., Mueller, M.M., Koletsky, M.S., Cordero, F., Lin, S., Banaszynski, L.A., Garcia, B.A., Muir, T.W., Becher, O.J. and Allis C.D. Inhibition of PRC2 activity by gain-of-function mutations in pediatric glioblastoma mutation. Science 17, 857-861, PMID: 23539183 (2013).
主な受賞等:
  • 2002年 Dickson Prize in Biomedical Sciences
  • 2003年 Massry Prize
  • 2007年 Gairdner Foundation International Award
  • 2008年 ASBMB-Merck Award
  • 2011年 Lewis S. Rosenstiel Award

( 受賞当時 )

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top