歴代受賞者略歴

photo

スティーブン・タンクスリー博士

2016年(第32回)Japan Prize受賞者

授賞対象分野
生物生産、生命環境
授賞業績
ゲノム解析手法の開発を通じた近代作物育種への貢献
記念講演
ゲノム解析手法の開発を通じた近代作物育種について
国籍: 米国
生年月日 1954年4月7日
学歴:
1976年 コロラド州立大学卒業 理学士号取得
1979年 カリフォルニア大学デービス校博士課程修了 博士号取得
職歴:
1976-1979年 カリフォルニア大学デービス校研究助手
1979-1981年 カリフォルニア大学デービス校博士研究員
1981-1985年 ニューメキシコ州立大学ラクルーセス校
園芸学部及び植物遺伝子工学研究所助教授
1985-1991年 コーネル大学植物育種及び計量生物学部准教授
1991-2010年 コーネル大学植物育種及び計量生物学部教授
2010‐現在 コーネル大学統合植物科学部名誉教授
所属機関:
  • Cornell University
    College of Agriculture and Life Sciences
    School of Integrative Plant Science
    Emerson Hall
    Phone: 646 541-8064
主要論文等:
  1. Paterson, A.H., Lander, E.S., Hewitt, J.D., Peterson, S., Lincoln, S.E., Tanksley, S.D., Resolution of quantitative traits into Mendelian factors by using a complete RFLP linkage map. Nature, 335:721-726. 1988.
  2. Martin, G.B., Brommonschenkel, S.H., Chunwongse, J., Frary, A., Ganal, M.W., Spivey, R., Wu, T., Earle, E.D., Tanksley, S.D., Map-based cloning of a protein kinase gene conferring disease resistance in tomato. Science, 262:1432-1436. 1993.
  3. Tanksley, S. D. and McCouch, S. R., Seed banks and molecular maps: unlocking genetic potential from the wild. Science, 277:1063-1066. 1997.
  4. Frary, A., Nesbitt, T.C., Grandillo, S., Knaap, E., Cong, B., Lin, J., Meller, J., Elber, R., Alpert, K.B., Tanksley, S.D., fw2.2: A quantitative trait locus key to the evolution of tomato fruit size. Science, 289:85-22. 2000.
  5. Tanksley, S., Mapping polygenes. Annual Review of Genetics, vol.27, pp205-233. 1993.
主な受賞歴:
  • 1998年 Alexander von Humboldt Foundation Award
  • 1999年 Martin Gibbs Medal of the American Society of Plant Biologists
  • 2004年 Wolf Prize in Agriculture
  • 2005年 Kumho International Science Award Korea
  • 2008年 Rank Prize
会員等:
  • 1995年 Member, U.S. National Academy of Sciences
  • 2009年 Foreign Member, Royal Society of London

(2016年1月現在)

Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

受賞者

Japan Prize 30年の歩み

page top