JapanPrize歴代受賞者による社会貢献

私たちの生活を大きく変えた技術を生み出したJAPAN PRIZE受賞者

情報・通信

1876年にグラハム・ベルが電話機の特許を取得してから百数十年。現在では、世界のほとんどの地域でインターネットが利用でき、必要な人といつでも会話や情報のやりとりができるようになりました。こうした「情報化社会」の実現には、通信衛星や海底ケーブルを利用して大量の情報を送受信する技術や、通信の信頼性と効率を高める技術が不可欠でした。JAPAN PRIZEでは、こうした「通信の革命」をもたらした科学者・技術者が受賞しています。

数学・コンピューターサイエンス

現代では、生活のあらゆる場面においてコンピューターが活用されています。そして今も、コンピューターサイエンスは、革新的な進歩を続けています。コンピューターが人と同じように考え、判断できる人工知能の研究が進められているほか、応用数学を利用しコンピューター通信における間違いを限りなくゼロにする技術、ロボットが人と共存する社会を実現する技術など、JAPAN PRIZEの受賞者は、常に新たな技術に挑戦し続けてきました。

半導体・電子デバイス

戦後、私たちの生活を便利で豊かなものに変えたのは、テレビ、生活家電、コンピューター、スマートフォンなど、さまざまなエレクトロニクス製品です。そして、こうした製品の実現には、半導体の性能を飛躍的高める技術、情報を高密度で記録する技術、通信の可能性を広げるレーザー光の実現など、たくさんのブレークスルーがありました。現代を切り開いた画期的な技術の開発に携わった科学者・技術者がJAPAN PRIZEを受賞しています。

化学・新材料

現代社会の発展は、産業革命以前には知られていなかった物質、存在しなかった物質によって支えられているといっても過言ではありません。有機合成化学の進歩は、化学繊維・電子材料など優れた新材料を次々と生み出したほか、新たな医薬品の誕生にも大きく貢献しました。また、物質の結晶構造に注目したアモルファス材料の発見は、金属材料に新たな可能性をもたらしました。こうした新たな素材の誕生に貢献した科学者・技術者がJAPAN PRIZEを受賞しています。

医学・生命科学

「いつまでも健康で長生きしたい」という人々の願いに、JAPAN PRIZEを受賞した科学者・技術者たちは挑戦してきました。がんの原因に関する基本概念の確立、人工臓器の開発、天然痘根絶やHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の発見、病気の早期発見につながる画像診断装置の発明、脳の病気の発症メカニズム解明、分子標的薬という新たな抗がん剤の開発など、テーマはさまざまですが、受賞者の業績をきっかけに研究開発は加速し、現代医療の発展につながりました。

生物資源

戦後、発展途上国を中心として人口の拡大が続き、深刻な食糧問題が生じました。科学技術への期待は「病気に強く、収穫量の多い品種の開発」や「健康な家畜を効率よく繁殖する技術の開発」であり、JAPAN PRIZEの受賞者たちも、熱帯・亜熱帯向けのイネの多収穫品種の開発や家畜の凍結精子による人工授精などに取り組みました。その結果、農業の生産性は大幅に向上しましたが、現在では海洋における漁業資源の涸渇という問題が浮上しています。

地球環境・エネルギー

地球は、私たち人類にとっての「ゆりかご」であるともに、時には自然災害をもたらし多くの人の命を奪う存在でもあります。例えば「地震はなぜ起こるのか」という人類の疑問にJAPAN PRIZE受賞者たちは答を出そうと挑戦し続けてきました。また、フロンガスによるオゾン層破壊のメカニズムの解明、熱帯林の保全、持続可能社会への提言、水災害を防ぐための新たな河川工学の提案など、JAPAN PRIZEの受賞者は常に新たな視点を私たちにもたらしています。

私たちが話す言葉や画像を理解する
コンピューターを実現

2005年(第21回)JAPAN PRIZE

長尾真博士(日本)

独立行政法人情報通信研究機構 理事長

チャールズ・K・カオ博士(アメリカ)

 

パソコンやスマートフォンなど現代の情報機器には、音声認識機能で入力した会話文を外国語に自動翻訳する機能などが搭載されるようになりました。またデジタルカメラには画像を認識し、人の顔に自動的にピントが合う機能も備わっています。長尾博士は、コンピューターの黎明期に機械翻訳、自然言語処理、画像処理の先駆的研究を行い、この分野の研究に多大な影響を与えてきました。

長尾博士は、コンピューターが身近な存在でなかった1960年代から、コンピューターに最も人間的な仕事である言語翻訳をさせたり、画像としての文字の認識を行わせたいと考えていました。文法など言語の構造に関するあらゆる知識を検討するなかで、長尾博士がたどり着いたのは「人は、ある表現の翻訳の仕方を他人から教えてもらっている」という事実でした。そこで、コンピューター上に単語辞書だけでなく、適当な長さの句表現に対応する多国語の表現を記載した「対訳辞書」を構築。類似の表現が出てきたときこの辞書を参照にしながらスムーズな翻訳を行うシステムを考案しました。世界で初めて提案されたこの方式は、現在では「用例翻訳方式」という名称で海外でも広く使われています。

機械翻訳と並行して長尾博士が取り組んだのが画像認識です。なかでも注目したのは写真など画像に含まれる人の顔の解析です。顔には目、鼻、あごなど共通する要素がありながら、それぞれの形が異なったり眼鏡をかけていたりします。長尾博士は、顔の特定部位の認識から始めて、うまくいかなければ他の部位に移行するという「フィードバック解析機構」をはじめて導入しました。こうした長尾博士の研究は、多くの研究者に引き継がれ、現在のIT社会の基盤技術の一つとなりました。

イラスト

用例翻訳方式

イラスト

入力された文章と対訳辞書の用例とを自動参照。使われている用語の違いを自動検出し新たな翻訳文を出力する。

タイムライン

2005年(第21回)JAPAN PRIZE

より詳しくはこちら

ページトップへ