JapanPrize歴代受賞者による社会貢献

私たちの生活を大きく変えた技術を生み出したJAPAN PRIZE受賞者

情報・通信

1876年にグラハム・ベルが電話機の特許を取得してから百数十年。現在では、世界のほとんどの地域でインターネットが利用でき、必要な人といつでも会話や情報のやりとりができるようになりました。こうした「情報化社会」の実現には、通信衛星や海底ケーブルを利用して大量の情報を送受信する技術や、通信の信頼性と効率を高める技術が不可欠でした。JAPAN PRIZEでは、こうした「通信の革命」をもたらした科学者・技術者が受賞しています。

数学・コンピューターサイエンス

現代では、銀行の預貯金の管理から交通機関の運行管理まで、社会の隅々でコンピューターが活用されています。そして今も、コンピューターサイエンスは、革新的な進歩を続けています。コンピューターが人と同じように考え、判断できる人工知能の研究が進められているほか、応用数学を利用しコンピューター通信における間違いを限りなくゼロにする技術、ロボットが人と共存する社会を実現する技術など、JAPAN PRIZEの受賞者は、常に新たな技術に挑戦し続けてきました。

半導体・電子デバイス

戦後、私たちの生活を便利で豊かなものに変えたのは、テレビ、生活家電、コンピューター、スマートフォンなど、さまざまなエレクトロニクス製品です。そして、こうした製品の実現には、半導体の性能を飛躍的高める技術、情報を高密度で記録する技術、通信の可能性を広げるレーザー光の実現など、たくさんのブレークスルーがありました。現代を切り開いた画期的な技術の開発に携わった科学者・技術者がJAPAN PRIZEを受賞しています。

化学・新材料

現代社会の発展は、産業革命以前には知られていなかった物質、存在しなかった物質によって支えられているといっても過言ではありません。有機合成化学の進歩は、化学繊維・電子材料など優れた新材料を次々と生み出したほか、新たな医薬品の誕生にも大きく貢献しました。また、物質の結晶構造に注目したアモルファス材料の発見は、金属材料に新たな可能性をもたらしました。こうした新たな素材の誕生に貢献した科学者・技術者がJAPAN PRIZEを受賞しています。

医学・生命科学

「いつまでも健康で長生きしたい」という人々の願いに、JAPAN PRIZEを受賞した科学者・技術者たちは挑戦してきました。がんの原因に関する基本概念の確立、人工臓器の開発、天然痘根絶やHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の発見、病気の早期発見につながる画像診断装置の発明、脳の病気の発症メカニズム解明、分子標的薬という新たな抗がん剤の開発など、テーマはさまざまですが、受賞者の業績をきっかけに研究開発は加速し、現代医療の発展につながりました。

生物資源

戦後、発展途上国を中心として人口の拡大が続き、深刻な食糧問題が生じました。科学技術への期待は「病気に強く、収穫量の多い品種の開発」や「健康な家畜を効率よく繁殖する技術の開発」であり、JAPAN PRIZEの受賞者たちも、熱帯・亜熱帯向けのイネの多収穫品種の開発や家畜の凍結精子による人工授精などに取り組みました。その結果、農業の生産性は大幅に向上しましたが、現在では海洋における漁業資源の涸渇という問題が浮上しています。

地球環境・エネルギー

地球は、私たち人類にとっての「ゆりかご」であるともに、時には自然災害をもたらし多くの人の命を奪う存在でもあります。例えば「地震はなぜ起こるのか」という人類の疑問にJAPAN PRIZE受賞者たちは答を出そうと挑戦し続けてきました。また、フロンガスによるオゾン層破壊のメカニズムの解明、熱帯林の保全、持続可能社会への提言、水災害を防ぐための新たな河川工学の提案など、JAPAN PRIZEの受賞者は常に新たな視点を私たちにもたらしています。

なぜ「がん」を発症するのか
遺伝子との関係を追求した

1997年(第13回)JAPAN PRIZE

杉村隆博士(日本)/左

国立がんセンター名誉総長 東邦大学 学長

ブルース・N・エームス博士(アメリカ)/右

カリフォルニア大学バークレー校 
生化学・分子生物学部 教授


杉村 隆 博士(日本)ブルース・N・エームス 博士(米国)

1981年から日本人の死因のトップとなっている病気が「がん」です。がんを発症する原因(発生機序)は、完全には解明されていませんが、組織の細胞の遺伝子になんらかの変化が起こり、それが細胞の異常な増殖をもたらしていると考えられています。杉村博士とエームス博士は、1950年代から1970年代にかけて、がんと遺伝子の関係を明らかにする重要な研究成果を上げました。

なぜ、ヒトはがんになるのかについての研究は18世紀から行われてきました。20世紀に入り、細胞にある染色体の観察研究が進むにつれ、がんは染色体の遺伝子の変異によって発生するという仮説が立てられました。こうしたなか、杉村博士は1957年に4-ニトロキノリン-1-オキシドなどの生物の遺伝情報に変異を引き起こす作用(変異原性)を持つ物質は発がん物質であることなどを明らかにしました。また、エームス博士は1971年に化学物質の変異原性をサルモネラ菌を用いて効率良く検出する「エームス試験」を開発、変異原性と発がん性との関係を明確にしました。

杉村博士、エームス博士らが切り開いた「がんと遺伝子の関係」の研究は、現在もがんの基礎研究の中心といえます。がんは紫外線、炎症、化学物質などにより遺伝子が傷つくだけでなく、ヒトが本来持つ遺伝子のなかにも「がん遺伝子」「がん抑制遺伝子」があり、これらが環境要因と密接に結びついて、がんを発症すると考えられています。

イラスト

がん化のメカニズム

イラスト

喫煙、化学物質、紫外線などにより突然変異を起こした細胞が増えると前がん状態に。その中から悪性度の高い細胞が生まれると無秩序な細胞増殖を繰り返し悪性腫瘍(がん)となる。

タイムライン

1997年(第13回)JAPAN PRIZE

 

より詳しくはこちら

ページトップへ