ストックホルム国際青年科学セミナー

2005年派遣学生

写真

 

 私たちは2005年12月4日から11日まで、第30回ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)に国際科学技術財団から派遣していただきました。16カ国から科学者になりたいという強い志を持った25名の学生たちと共に、内容の詰まった貴重な一週間を過ごしました。

 授賞式を含めたノーベル賞に関わるイベントに数多く参加し、その中でノーベル賞受賞者と直接、話をする機会を持つことができました。受賞の連絡をうけ取った時の様子や、日本の食べ物のこと、研究に進める上での心意気など様々な話題について話をして、英語でのコミュニケーションに四苦八苦しながらも、受 賞者の誇りを肌で感じ取ることが出来ました。

 授賞式は厳かかつ晴れやかに行われました。私たちは着物と羽織袴で出席し、文部科学大臣にお会いすることもでき、世界中の人が注目していることを改めて実感しました。500人の学生が授賞式に参加する機会を与えられており、スウェーデンの科学に対する意識の高さと優れた環境が伺えました。

このような素晴らしい機会をいただけたことに、多くの方々に感謝するとともに、この経験から得た知識、感性、広い視野を今後の研究や生活に活かし、周囲にも還元していきたいと考えています。


Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

ストックホルム
国際青年科学セミナー

Japan Prize 30年の歩み

page top