ストックホルム国際青年科学セミナー

2006年派遣学生

写真

 

 私達は、2006年12月4日から10日に開催された第31回ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)に参加しました。SIYSSはノーベル賞週間行事に関連して開催されるセミナーです。このセミナーは、感動、学習、驚きで満ちあふれ、友達を作ったりと、貴重な経験ばかりでした。国際科学技術財団(JSTF)は、私達に何ものにも代えることのできない名誉を与えて下さいました。

 私達は、他の16カ国から参加した22名の若手科学者である学生と8名のスウェーデン人のコーディネーターと共に、この貴重な時間を過ごす事ができ、非常に幸運でした。

 プログラムには、ノーベル賞受賞者によるスピーチや講義、受賞者との談話、また、スウェーデンにある世界的に有名な大学や研究所への訪問、世界各国からの参加者との交流等が組み込まれていました。現代の科学技術における最先端の場で話し、学び、また、最高の功績である授賞式の歴史を目の当たりにするこ とができ、非常に感動的かつ刺激的なことばかりでした。素晴らしい会場で行われたSIYSSシンポジウムでは、私達各自の研究をSIYSS派遣者、スウェーデンの学生や教授、研究者に発表することもできました。このような経験は、科学技術の追求に加え、同時に国際的な友達作りを可能にしました。

 セミナーはノーベル賞授賞式で幕を閉じました。この祝祭のフォーマルの部(授賞式、晩餐会)とインフォーマルの部(夜会)に参加し、忘れられない素晴らしい経験をしました。私達は日本の伝統的な正装である着物と羽織袴を着ていたので、各国の参加者に非常に喜ばれました。

 SIYSSは、教育的で刺激的、そして感動に満ちあふれた実りの多い経験を与えて下さいました。この経験は、私達の科学に対する経歴と今後の研究活動に影響を与える有意義な機会でした。


Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

ストックホルム
国際青年科学セミナー

Japan Prize 30年の歩み

page top