ストックホルム国際青年科学セミナー

2012年派遣学生

oyake小宅 教文 
東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻
 

 ノーベル賞メダルをスウェーデン国王から受け取る山中先生を見た時、なんとも言えない感動と強烈な憧れを感じました。この式典に日本人学生の代表として参列したことは、私の一生の宝になり、これからの人生について考えさせる大きな転機になりました。


 私は国際科学技術財団のサポートを受け、ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)に日本人学生代表として参加しました。SIYSSは12月4日から12月11日までの1週間、世界中から集められた若手研究者25名がノーベルウィークの一連の行事である記者会見やノーベルレクチャー、受賞者と同様に授賞式や晩餐会への参加を通じて交流を深めるプログラムです。プログラム中はユースホステルに泊まり、各国から集まったSIYSSメンバー25人と深夜まで議論をして過ごしました。このプログラムから様々なことを得ましたが、特にメンバーとの交流に絞って述べたいと思います。

 SIYSSに参加したメンバーの大半は高校を卒業したばかりでしたが、自分の研究を生き生きと語り、他者の研究に対して熱心に質問する彼らはまさに各国の代表と呼ぶのにふさわしい学生たちでした。そんな彼らと過ごした1週間は、体感時間としては「もう1週間経ったの?」や「明日で離ればなれなんて信じられない」など言い合うほど一瞬でしたが、密度としては非常に濃い時間を過ごすことができました。ユースホステルで研究について議論することは稀ではなく、スウェーデンというお国柄とノーベルウィークという特別な期間のおかげで科学漬けの毎日でした。特に印象に残ったことは、すべての参加者が山中先生の仰っていた「Vision and Hard work」を実行していることで、私自身の今までの研究姿勢、学生生活が正しかったかどうか考えさせられました。

 ここでは朝から寝るまでの時間を共有したルームメイトと、彼らのプロジェクトについて触れたいと思います。
 Gabor(ハンガリー代表):大学1年生にもかかわらず、ドップラー効果を用いて惑星の運動を観測。将来は研究者として宇宙へ行きたいと語っていた。
Hein(南アフリカ代表):高校3年生。自分で設計、製作したラジコン戦車と共に南アフリカのコンペティションに参加し、チャンピオンになる。戦車のパーツはすべて手作りで、機械加工のみならず回路製作もできるスペシャリスト。
Philip(オーストリア代表):大学1年生。企業と共同して製鉄所のカメラを高温熱源から守るプロテクターを開発し特許を取得。
専攻が近いPhilipとはお互いの国の産業について、Heinとはロボットや加工技術について、Gaborとはお互い興味があった宇宙に対して多くの議論を重ねました。それだけでなくトラブルも多々ありましが、Philipの爪切りをGaborが壊したり、シャワールームにタオルを持っていくのを忘れたHeinを助けたり、シャンプーを他の部屋の人に貸したら使い切られてしまってお互いの持ち物をシェアしたりなどすべてが貴重な思い出です。SIYSSで築いた友情は自分の将来において一生の宝になると思います。

 最後に、SIYSS参加をサポートして下さった国際科学技術財団をはじめに、ストックホルムでの生活の手助けをしてくれたスウェーデンの学生、SIYSSに関わるすべての方々に感謝し、厚く御礼を申し上げます。このSIYSSで得た貴重な経験を糧に、自分の将来へ向けて「Vision and Hard work」を心がけるとともに、この体験を自分だけに留めずに自分の周囲へ発信して日本の科学技術の発展に貢献したいと思います。

oyake

 

 

 


Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

ストックホルム
国際青年科学セミナー

Japan Prize 30年の歩み

page top