ストックホルム国際青年科学セミナー

siyss2013

 私達は2013年12月4日から12月11日まで、第38回ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)に日本代表として参加いたしました。SIYSSは様々な科学の分野で活躍する若手科学者が研究発表やノーベル賞授賞式、晩餐会などを体験しながら一週間を共に過ごす行事です。私達は今回、他の17カ国から参加した22名の学生と11名のスウェーデン人のコーディネーターと共に、この貴重な時間を過ごす機会に恵まれました。
一週間のプログラムの中には、ノーベル賞受賞者の記念講演や記者会見への参加、受賞者との談話、また、現地の大学や研究所への訪問や、スウェーデンの大手製紙会社の工場見学など、多くの行事が組み込まれていました。更に、ストックホルム大学で行われたSIYSSセミナーでは、私達各自の研究をたくさんのスウェーデンの学生や教授、研究者に発表することもできました。

 各行事を通じて、私たちは研究分野や文化について、ノーベル賞授賞者からのみならず世界各国から参加している学生同士の交流を通じ刺激を受け、大変濃密な時間を過ごすことができました。ノーベル賞授賞者からは若手科学者へ向けた心に残る多くの言葉を頂きました。他にも科学者としての倫理観や自国日本を客観的に見つめ直すきっかけとなるようなアクティビティなどにより、研究に対する視野や自身の価値観を広げる経験となりました。各国代表の若手科学者たちとの交流を通じて学んだ、科学に対する情熱並びに自分の意見を持つ発信する主体性を、今後は日々心がけて自身の研究生活を活性化し発展させていきたいです。
最後になりましたが、このような貴重な経験を可能にして下さった企画運営してくれた現地学生及び国際科学技術財団の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。


Google
Japan Prizeサイト内検索
インターネット検索

ストックホルム
国際青年科学セミナー

Japan Prize 30年の歩み

page top