セキュリティーについて

 当財団では、お客様からの情報が外部の第三者に読み取られることなく、安心してインターネットでの通信をご利用いただけるよう、「SSL (Secure Sockets Layer)」という暗号通信技術を採用しております。

 SSLは、デジタル署名と暗号化通信を採用した相互認証により、インターネット上での通信を保護する仕組みです。  個人情報などを送信する際、このSSLにより暗号化され、外部の第三者にお客様の情報が読み取られることを防ぎます。万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容が盗み取られる心配はありません。

 お客様がSSLを利用するにあたり、ブラウザに特別な設定をする必要はありません。なお、古いバージョンのブラウザなど、SSLに対応していないブラウザをご利用の場合は、 情報が入力できない場合がありますのでご注意ください。

 ご使用のブラウザで、セキュリティ機能が有効になっているかどうかは、ブラウザ上で確認することができます。第一にアドレスが「https://」で始まっていることをご確認下さい。第二にブラウザ(IEの場合)の右下に表示されている鍵のアイコンがロックされた状態であることをご確認下さい。

 

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

Japan Prize 30年の歩み

page top