研究助成

2018年 研究助成募集要項

1.助成対象研究分野

    当該年度の日本国際賞授賞対象分野と同じ分野を助成対象研究分野とする。

    (1)2018年(第34回)日本国際賞授賞対象分野(詳しくはこちら
       「資源・エネルギー、環境、社会基盤」分野
       「医学、薬学」分野      

2.応募資格

 (1)2018年4月1日現在で35歳以下であること
   (但し、ライフイベント(出産、育児、介護)による研究経歴の中断が半年以上ある
    場合は応募申請書に記載し、申告することにより36歳以下も応募可)
 (2)国内の大学、公的研究機関等に所属し、助成期間を通じ当該研究を
    継続することができること
 (3)所属組織の長(研究科長、学部長、研究所長等)の推薦を受けられること
    (但し、各組織の長からの推薦は分野ごとに1件を限度とする)

3.助成件数及び助成金額

  
「資源・エネルギー、環境、社会基盤」分野
10件
「医学、薬学」分野
10件
 
合計20件
1件100万円
(総額2,000万円)


4.助成金の使途

 当財団からの助成金は、全額を研究者個人の研究費(研究に要する物品の購入費用及び
 その研究の推進に必要な費用)に充てていただきます。
 所属機関へ支払う間接経費やオーバーヘッドについては、助成対象者として決定された
 後に所属機関内で免除手続きを行ってください。

5.助成期間

 1年間(2018年4月~2019年3月)

6.日程

募集期間 2017年9月1日~ 11月30日
選考期間 2017年12月~2018年2月
決定と通知 2018年3月当財団理事会にて決定後、本人に郵便で通知
贈呈式 2018年4月下旬(日本国際賞授賞式前後 於東京)

7.提出書類

  • 「2018年 研究助成 応募申請書」

 ※ 11月30日までに提出ください。(当日消印有効)

 ※ 応募申請書は下記からダウンロードしてください。(MS-Word:60kb

 ※ 応募申請は、
   (1) 押印後の紙媒体
   (2) 上記(1)のPDF形式
   (3) 応募申請書のMS-Word形式
   (4) (2)と(3)をCD-RもしくはDVD-Rに記録したものを事務局あて郵送下さい。
      なお、提出された申請書類等は返却いたしません。

8.選考基準

      (1) 研究テーマの着眼点と独創性

      (2) 研究テーマの発展性

      (3) 社会への貢献度または貢献の可能性

      (4) 助成対象研究分野との整合性

9.助成対象者に実施いただく事項

  当財団への研究成果に関する報告及び会計報告は不要です。報告書に代えて、
  以下のブログへの参加とやさしい科学技術セミナー実施企画書の提出をお願いしています。

  1. 研究助成ブログへの参画
    財団ホームページ内に研究助成を受領された若手研究者による『研究助成ブログ』を開設いたします。 同年度に受領された方々や先輩受領者との交流の場として参加いただくばかりでなく、広く科学技術に興味を持たれている一般の方々への発信、交流の場として活用していただきます。
    また、期間の終わりに研究成果を、発表していただく場としても利用します。
  2. やさしい科学技術セミナー運営企画書の提出
    財団では、科学技術の大切さをより多くの方々に知って頂くための啓蒙活動の一環として『やさしい科学技術セミナー』を全国各地で開催しています。
    基本的に助成対象者の所属機関で開催し、実験や展示なども交えて研究内容を分かり易く解説することにより一般の参加者(主に中高生)に科学技術を身近に感じて頂くことを目的としています。
    上記の趣旨を踏まえて、助成対象者にはセミナー実施企画書を提出いただき、その中から各分野につき5〜6名の方に実施していただきます。
    なお、セミナー運営で発生する費用等は規定に基づき財団が負担いたします。

10.助成金の振込みについて

      所属機関所定の「寄附申込書」または「振込依頼書」を提出ください。
      助成金は2018年贈呈式終了後に振込む予定です。

11.その他

      申請書に記載いただいた個人情報は、当財団のプライバシーポリシーに則り、
      厳正に管理します。

12.申請書等書類の送付および問合せ先

  〒107-6035 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル イーストウィング35階
  公益財団法人 国際科学技術財団 研究助成係
  E-mail: kenkyujosei@japanprize.jp
  Tel: 03-5545-0551  Fax: 03-5545-0554 

Japan Prize歴代受賞者による社会貢献

研究助成

Japan Prize 30年の歩み

page top